子猫の受け入れを一般からおこなっています

東京キャットガーディアンでは、現在都内3箇所のシェルターで300頭近くの猫達を保護していますが、行政に持ち込まれる子猫が少なくなるこの時期、離乳後から2ヶ月齢までの子猫の受け入れを一般から行っています。

離乳前の子猫は別途ご相談ください。

猫がシェルターに来てから譲渡対象になるまで

お問い合わせフォーム

猫を保護した際にお世話について迷った時は、下記をご参照ください。
猫を保護したら~保温、ミルク、排泄などケアの方法
猫を保護したら~保温、ミルク、排泄などケアの方法

2021.5.17 UP

TOP