能登半島地震 被災地支援の状況報告

皆様、被災地へのご支援ご協力を誠にありがとうございます。皆様のご協力をもとに行った支援状況について詳しい流れをご報告いたします
今後も随時更新して参ります

ご支援についてはこちらから募集しています!

地震発生直後の動き

2024/1/1 16:10 令和6年能登半島地震 発生
2024/1/2 いつでも里親募集中 被災動物の預かり飼育について、投稿対応開始
2024/1/3 パートナー企業様の源吉商店様と連携し、被災地への支援物資の受付開始
2024/1/11 支援物資 第1便を現地へお届け
2024/1/18 支援物資 第2便を現地へお届け
以降、現地の方々「能登」チームや行政各所とも連携し、状況に応じて物資の分配を行っております

現在対応中

被災地の方々と連携をとって、飼い主のいない犬猫の受け入れ態勢を整えました。
NPO法人猫の避妊と去勢の会様が現地の保護活動の方々の窓口となってくださり、物資の最初の窓口になってくださいました。
一般社団法人OVO様のお力で、被災地域の近くに一時保護場所を確保できました。

各地へのご支援の状況について

随時更新中! 最新情報が上になっています!

地震発生時・1/1から状況を確認する(ページの最下部へ移動)

2024/6/20

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒猫に新しい家族ができました!

体調不良などがあって治療をしていましたが、すっかり元気になりました。抱っこ大好き、大きな瞳でじーっと見つめて、可愛い声で甘える子です。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/6/16

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒白猫・のとちゃんに新しい家族ができました!

体調が芳しく無く一時期は流動食でしたが、医療ケアのかいあって回復し、元気いっぱいな甘えん坊になりました。
抱っこすると頭でスリスリしてきます。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/6/15

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒白猫・おうし君に新しい家族ができました!

被災地では大変な怪我をしており、片肺も潰れていて、点滴や手術をしました。高めの声で鳴く可愛い子です。
里親さんは保護猫カフェでおうし君をとても好きになってくださり、里親お申し込み・面談審査を経て、飼育環境を整えてお迎えにきてくれました。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

 

2024/6/12

被災地の飼い主さんの、今住んでいる「家」 動画を公開しました

自宅が全壊、あるいは全焼し仮の住まいでの生活を余儀無くされる方、一方半壊したご自宅で今も暮らしている方。
輪島の皆さんは、今どんな「家」に住んでいるのか。
皆さんのご厚意で今住んでいる家の中を取材させていただきました。

自ら被災しながらも猫を探し、保護する。

支援が必要な人たちの過酷な現状を是非ご覧いただき、ご無理のない範囲でのご支援をよろしくお願いします!

2024/6/04

地震・火災…猫を探す被災地の飼い主さんに、直接お話をお聞きする動画を公開しました

火災のあった輪島朝市通り。5月23日、現場にお家のあった方々にお話を伺いました。
発災から避難、火災発生、ご自宅が崩壊し家族の安否確認しながら、逃げてしまった猫を探す。
メディアからでは知り得ない、真実のお話です。
長い動画と思われるかもしれませんが、少しでも感じ取っていただける部分があればと、ほぼノーカットにさせていただいております。
是非ご覧いただき、ご無理のない範囲でのご支援をよろしくお願いします。

 

2024/5/30

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た猫に新しい家族ができました!

人好きだけどちょっと怖がりさんで、他の猫が甘えているのをみて、恐る恐るスタッフの膝にのってきたり、控えめな甘え方が可愛い子です。
いよいよフロアデビュー!という日は、スタッフにぎゅっと抱きつきながらケージを出ました。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/5/28

物資のお届けを続けています

先週輪島市にお届けしたペット用支援物資。
ご自宅が全焼してしまい…いまは仮設住宅に暮らしながら、まだ見つからない猫を探し続けている飼い主さん
半壊した自宅を猫の一時預かりシェルターとして活用しているボランティアさん
自分の猫は行方不明だけど地域猫のために輪島市で保護活動されている方
珠洲市から1時間30分以上かけて輪島市まで物資を引取に来てくれた保護猫活動者さん

皆様から、「ありがとうございました😺」というメッセージと一緒に猫たちの画像を日々送って来て下さっています。

直接お渡しができなかった方にも、物資お届け拠点から現地の方が配ってくださいました。
全国から「被災地のために」といただきました物資は、人から人へ・猫たちへお届けができています。
今後とも可能な範囲でのご支援をよろしくお願いします。

2024/5/26

被災地支援マルシェが開催されました

源吉商店にて、どんぐりマルシェ様による復興支援マルシェが開催されました。
開店からずっと賑、皆様楽しんでご参加いただけました。 被災地支援を継続する主催者様に深く感謝申し上げます!

ドングリマルシェ様instagram※開催告知あり
今後も定期開催を予定しています!ぜひ遊びにきてください。

2024/5/26

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た猫に新しい家族ができました!

人にはゴロゴロ甘えん坊なものの緊張もみられ、ゆっくりゆっくり保護猫カフェに慣れていってもらっているところでした。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/5/2407:17

被災地から戻りました

物資をお届けした源吉商店さんが無事に戻ってきました。
能登にいる時に源吉商店さんがX(twitter)にポストした内容を見たペットフードメーカーさんから支援のご提案もいただきました。
災害発生からもうすぐ5ヶ月。変化する状況に合わせながら支援を継続をしていきます。

2024/5/2322:17

野々市市にてお届け完了

能登チーム リーダー @MusashiYukikaze 様と、 こねこサポーター様 @konekosapo
にペット用支援物資をお届けし、これにて今回みなさまからお預かりした物資を全て搬入終了しました。
被災地で保護猫活動されている方々のお話しを直接お聞きする事もでき、次なる支援のあり方などを描きながら…帰還します。

2024/5/2317:07

輪島市 5箇所にお届け完了

輪島市で5箇所にお届け完了です。これから野々市市に向かいます。まだ断水が続いてる場所も多いです。これからの季節に、水の問題は大変重要です。

2024/5/2314:08

輪島市 4箇所にお届け完了

輪島市で保護猫活動されている方々、4箇所にお届け完了。いったん昼飯食べて…これから引き続き回ります。大変暑い日でした。

2024/5/2311:11

輪島市に着きました

これから待ち合わせ場所で物資のお届けをいたします。あちらこちらから、工事作業をしている音が響き聞こえます。

2024/5/239:14

被災地へ物資お届けを行います その2

栃木を出発して約600km、のと里山海道まで来ました。輪島市まであと1時間くらいで到着予定です。前回来た時よりも道路状況はさらに良くなって来ています。

2024/5/230:18

被災地へ物資お届けを行います

前日深夜より、物資をたくさん積んで被災地へ向かいました。

2024/5/13

今、被災地で起きていること 〜チームうーにゃん代表うささんにインタビュー第2弾〜 TV番組放送後に起きた事件 動画を公開しました

4月18日、これから能登へ向かうチームうーにゃん代表うささんにインタビューしてから2週間。
うささんが能登から戻られました。
今回の活動内容についてインタビューをさせて頂きました。
今、被災地能登で保護団体による県外連れ去りが問題になっています。
もちろん最優先すべきは動物の命。しかし保護した後のケアが不十分でなければ人も動物も不幸になってしまう可能性があります。
発災時より最前線でレスキュー活動をするうささんの切実な思いにどうか耳を傾けてください。(2024年5月10日収録)

2024/5/05

能登半島地震被災地から9頭を保護 とらちゃん本舗さんの活動紹介! 動画を公開しました

埼玉県に拠点を置く保護団体「とらちゃん本舗」さんの能登支援活動報告第2弾です。
前回はこちら!(倒壊家屋から猫をレスキュー 飼い主の元へ届ける!)
能登は今回で7回目となるそうです。
その活動はペットだけに限らず、炊き出しや瓦礫の撤去など多岐にわたって支援活動を行っておられます。
今回の奥能登支援でもたくさんのエピソードがありますが、中でも今回の目的である「復興イベント」へ参加、そして子供が生まれてしまった母子猫保護のため福島県からやってきた保護団体「福光の家」菅藤さんの同行を中心に編集させていただきました。
出発前と帰還後の様子は源吉商店川島さんがとらちゃん本舗代表・駒澤さんに取材を行ってくれました。

2024/5/4

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来たキジネコに新しい家族ができました!

少しビビり屋さんですが、そっとこちらを伺う可愛い子です。キャリーの中でさっそくイカ耳になっていましたが、優しいお家でだんだん落ち着いてくれることと思います。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/5/01

能登半島地震被災地へ支援物資をお届け、第2弾(後編) 動画を公開しました

前回奥能登地域へ支援物資を届けた後、帰り道でこれから奥能登へ向かう「チームうーにゃん」に支援物資を渡しました。
代表のうささんは1月2日より飼い主からの依頼でペットのレスキューをスタート。
その活動は現在も続き、多くのメディアでも取り上げられました。
うささんとは一体どんな方なのか、活動の理由や幼少期など、少しだけお時間をいただいてお話をお伺いしました。

2024/4/28

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒猫、サビ猫に新しい家族ができました!

サビちゃんはシェルターにきたばかりの頃はシャーシャー言ってました。
黒猫もとても臆病な子でしたが、最近は人が近付くとイカ耳になりつつも、当初よりは隠れなくなってきていました。
みんな少しずつ人馴れして、ご縁をつなぐことができました!

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/4/27

能登半島地震被災地へ支援物資をお届け、第2弾(前編) 動画を公開しました

前回は行くことのできなかった被害の大きかった地域、奥能登へと向かいました。
驚いたのは発災から3ヶ月半経っているとは信じられないほど変わらない景色。
自身も苦しい状況で懸命に猫を救い続ける保護団体とボランティアさんたち。
一部ショッキングな映像もありますが、是非現在の能登をご覧ください。

2024/4/27

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒猫(あだ名:ぽんず)に新しい家族ができました!

大きな目が可愛い甘えん坊です。
エイズ陽性・未発症の子でしたが、里親さんはお世話の際に気をつけることなどを丁寧に確認してくださいました。
陽性結果については幼い頃の検査結果だったため、再検査も予定してくださるとのことです。
帰る際、「震災で大変な思いをしただろうから安心出来る家で伸び伸びと暮らせるようにしてあげたい」とおっしゃってくださいました。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/4/26

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来たサビ猫に新しい家族ができました!

お顔に黒が多い可愛いサビ猫です。シェルターにきてからしばらくはシャーシャーと言っていました。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/4/25

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た猫に新しい家族ができました!

シェルターに来てしばらくは人間に警戒して、近付くだけでイカ耳になっていました。
譲渡の日にはだいぶ慣れて、落ち着いたお顔になっていました。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/4/20

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒猫に新しい家族ができました!

とても可愛い甘えん坊です。

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/4/18

被災地へ物資のお届けに行きました

4月18日 源吉商店社長・川島さん自ら、被災地へ物資お届けに向かいました。

のと里山海道を通って行きますが、道路は現在一方通行で、帰り道には使えません。
至る所に道路の陥没・がけ崩れ・亀裂があり、大急ぎで復旧が行われています。

まず、珠洲市にペット用支援物資をお届け。

次いで、輪島市に到着。
現地にて災害発生後から猫の保護活動を始めたという方のお宅に支援物資をお届けしました。

被災地では倒壊した家屋と平然とした家屋が混在しています。
ある地域では全壊した家屋が続き、少し離れると被害の無い普通の住宅街が続きます。またその次の地区は、津波で全壊した家屋群が現れ…という景色が繰り返しています。

家屋倒壊や、火事などがあったお家からいなくなってしまった猫たち。
飼い主さんの依頼や目撃情報などを受け、捕獲に向けて動いている方がいます。
現地では様々な団体さん・個人活動の方が動物のため尽力されています。

2024/4/14

能登半島地震被災地へ支援物資をお届け。 動画を公開しました

東京キャットガーディアンとパートナーシップ関係にある「源吉商店」。
社長の川島さんと東京キャットガーディアン代表・山本は発災時よりペット支援の方法を模索し、 1月11日には被災地へ支援物資を届けることができました。
その後数回に渡って、知り合った現地のボランティアさんと連携をとりながら、支援物資の搬入を続けています。
今回ようやく同行取材が実現し、現地の様子をお伝えすることができます。
実際に足を運ぶことでわかったこと、感じたこと。
報道では決して知ることのできない現実がそこにありました。
川島さんの被災地支援にかける切実な思いとともにご覧ください。

2024/4/7

被災地からきた猫に里親さんが決まりました!

被災地から来た黒猫(あだ名:がんも)に新しい家族ができました!

シェルターにはまだまだ被災地からお受け入れした猫たちがおります。
引き続きご縁をつなげられるよう、頑張ります。

2024/4/7

被災地・猫の保護活動リポート

ペット用支援物資をお届けしてくれているボランティア「能登チーム」のみなさんは、逃げ出してしまった猫の捜索・保護活動も同時に取り組んでいます。現地からのリポートを随時お届けして参ります。

3月末日
猫活で鳳珠郡能登町のとある集落に行きました。全壊半壊で避難所や市外に避難した集落は、ほぼ無人。

震災後しばらくは、土砂崩れのため、車が通れなかった地域です。/

田舎でも人が多い輪島市などは、メディアでも注目されますが、とりたてて観光産業のない地域は、少し復興という流れに乗り切れていない様子です。

週2ペースで奥能登へ行く自分も 震災直後は、崩壊した道路や家をみて驚愕していましたが、3ヶ月経った見慣れてしまい久しく写真を撮っていませんでした。

このような集落は奥能登の山間部にいくつもあり、携帯電波状況も悪い+高齢者がほとんど+良くも悪くも 『迷惑をかけては申し訳ない精神』が作用し、現状発信が難しいのです。

この日は迷子猫の捜索です。

飼い主さんの娘さんから依頼されましたが、当の本人達は、猫の事で人に迷惑かけるのも申し訳ないと思う遠慮の気持ちと、なぜ私達が人間ならまだしも、猫のためにこんな田舎に来るのか理解できない様子でした。

不信感は持たれたと思いますが、私達の活動についてご理解をいただけるよう説明しました。

さて、
現場に到着後、予め飼い主さんから聞いていた場所付近に2台の捕獲箱を設置。すると小一時間も経たないうちに1匹の猫が入ってくれました。

シャーシャー言ってましたが、あきらかにご飯を食べている様な体格のよい猫が入りました。目的の子ではありませんでしたが、増えないようにTNRしました。

その後、再度捕獲箱を設置するも…この日は、探していた子に会えませんでした。

震災があったため、人慣れしてる子がかかった場合は、必ず肉球チェック、さわらせてくれるかなど人慣れ具合を確認して、飼い猫要素があれば、保護→警察遺失物届け→飼い主さんを探します。法的期間が過ぎても飼い主さんが現れなかった場合、里親さん探しをします。

いまも数多くの飼い主さんが猫の捜索をしています。
自分たちにできることを、これからもしっかりと取り組んでいきたいと思っています。

みなさまのご理解、ご支援のほどをどうぞよろしくお願いいたします。

石川県金沢市
NPO法人猫の避妊と去勢の会(facebook)

2024/4/4

支援物資をお渡ししました

七尾市拠点に新たに「ペット用支援物資」を搬入しました。

現地に残っていた物資は穴水町・珠洲市へ移動しました。

2024/3/31

支援物資をお届けできました

珠洲市内2箇所で開催された支援物資配布会で、源吉商店から運んだ「ペット用支援物資」も、多くの方々へお届けしていただきました。

2024/3/30

支援物資をお渡ししました

石川県珠洲市でボランティア活動されている方が「ペット用支援物資」を栃木県栃木市の源吉商店まで引取りに来られました。

2024/4/3

「どんぐりマルシェ」の様子が、ロコテレで見られるようになりました

先日開催された被災地支援の取組み「どんぐりマルシェ」の様子が、NCVケーブルテレビ局のアプリ・ロコテレで見れるようになりました
ロコテレ公式サイト

毎月開催される「どんぐりマルシェ」の主催は源吉商店のお客様が自主的に開催を呼び掛けてくださって始まった企画です。
現在、9月まで開催が決まっています

お近くの方はぜひお立ち寄り下さい。
ドングリマルシェ様instagram※開催告知あり

2024/3/30

倒壊家屋から猫をレスキュー 動画を公開しました

被災地能登半島を支援する保護団体さんをご紹介。
今回は埼玉県を拠点活動する「とらちゃん本舗」さんです。

地震発生直後から支援物資を募り、向かった場所は特に被害の大きかった地域。
現地の保護団体と連携しながら、倒壊した家屋に残された猫を飼い主の元へ届けます。

暗闇の中、倒壊した道路を恐る恐る進んでいく。
夜が明け、目の前に広がる被災地の寂しい海。

現在も多くの保護団体、ボランティアが手弁当で懸命にレスキュー活動を続けています。
どうか見守っていただき、可能な範囲でのご支援をよろしくお願いします。

2024/3/23

能登半島被災猫をお受け入れしました

本日、新たに被災地からの猫を5頭お受け入れしました。
風邪症状がある猫、緊張気味の猫もいます。現地でも医療ケアを行ってくださり、記録なども詳しくいただくことができました。 シェルターでも引き続きの治療を行ってまいります。

2024/3/21

被災地にてお受け入れの対応を行いました。

人暮らしで家は傾きがあり、娘さんも体調不良が続いている。
猫は家族だけど今後娘の治療の為東京に行く可能性もあり、複数回の面談を経て悩んだ末引き取りとなりました。
よく喋る懐こい子だそうです。

2024/3/20

被災地からレスキューされた猫に、里親さんが決まりました!

本日素敵なご縁があり、被災地からレスキューされた猫にご縁がありました。

この子の被災当時の医療ケア等々は、ご支援いただいた皆様のおかげで叶いました。
保護していただいた現地チームの皆さん、ご支援くださった皆様、ありがとうございました!

2024/3/19

被災地からの動画や写真が届きました

猫の動画もあります。(twitter) 保護された猫と、支援物資を移送中の道路状況です。

ご無理の無い範囲で引き続きご支援のほど、何卒宜しくお願いします

2024/3/17

被災地からの動画や写真が届きました

被災地で活動してくださっている方々から動画が届きました。 白い場所が全て地震で隆起し、船を出すことも出来なくなってるようです。
皆様からの支援物資をお届けに行った現地の保護団体さんを、このキジトラさんが迎えてお見送りもしてくれたそうです(お世話してくれる方が居ます)

ご無理の無い範囲で引き続きご支援のほど、何卒宜しくお願いします

2024/3/17

被災地支援マルシェが開催されました

源吉商店にて、どんぐりマルシェ様による復興支援マルシェが開催されました。
第二回マルシェにて集まった支援金を当団体にご寄付いただけるとのことです。
いただいたご寄付を、被災地動物保護のために活用してまいります。

ドングリマルシェ様instagram※開催告知あり
今後も定期開催を予定しています!ぜひ遊びにきてください。

2024/3/16

物資の運搬を行いました

多頭飼育のご家庭へ物資配達を行いました。

他の世帯の方は、避難していますが、このご家族のみが残り、他の方の猫さんもお世話しています。
TNRも行って下さっており、メスは全頭避妊済でした。

未不妊のオスにつきましては、無料手術をお知らせさせて頂きました。

2024/3/16

依頼があり、捕獲作業を行いました。

以前より依頼があり行っていた捕獲作業について、保護依頼者と、正確な猫の数や引取希望数について面談・確認を行いました。
猫さんの色柄を確認し、もし今後他の猫さんが捕獲箱に入った場合には、獣医師会対策本部に連絡をし、無料tnrを実施するという事で話がまとまりました。

道中の様子です。
まだまだ大変な状態です。

倒壊家屋の中には、住人が骨盤骨折・飼っていた猫さんは行方不明となっている事例もあります。

2024/3/11

石川県より、捕獲器運用についてのガイドラインが発表されました

被災地域で保護された猫の処遇や捕獲器運用についてのガイドラインが、本日石川県から発表されました。
TNR活動を行う方々には周知されている通り、「監視下の元で設置する」など猫の安全を考えた一般的な運用方法が書かれています。
画像をタップすると大きいサイズで表示されます!

災害発生直後からご多忙の中、ペット用支援物資を搬入する事に関して多大なご協力を頂きました。
現在も継続してペットのために尽力される石川県獣医師会、薬事衛生課、現地で必死に活動されている方々のおかげで多くの猫たちが助かっています。

2024/3/06

能登半島被災猫をお受け入れしました

本日、新たに被災地からの猫を5頭お受け入れしました。
外傷(かさぶた)があったり、威嚇があったり、緊張しているけど甘えてきたり、猫ごとに色々です。適宜ケアを行っていきます。

2024/3/2

被災地での活動に関する動画を公開しました。

能登半島地震 被災地から猫たちを保護しました! 金沢の一時保護シェルター ペットレスキュー報告

車では行くことのできない山奥の集落からどうやって猫たちを保護するか。
そこには多くの方達の懸命な努力とご協力がありました。
被災地では現在も保護団体・ボランティアさんによるペットの保護が続けられています。
どうかご無理のない範囲でご支援をよろしくお願いします。

2024/2/28

能登半島被災猫をお受け入れしました

本日、新たに被災地からの猫を9頭お受け入れしました。
まだ移動したばかりで緊張があるようです。ストレスに配慮しつつ、医療ケアを行っていきます。

2024/2/27

継続した物資支援を行っています。

現地チームの皆さんよりヒアリングしつつ、それぞれの部署へサプリ・お薬やフードなど、必要物資のお届けを行っております。

雪には猫の足跡がありました。倒壊家屋の近くです。
被災地の保護団体さんが、飼い主さんの依頼で捜索を行っています。

2024/2/25

依頼があり、捕獲作業を行いました。

(※3/6に東京キャットガーディアンへ搬送済です。)
新たに成猫1頭を保護しました。
保護依頼者の当初の話より、保護頭数が多くなりそうで、改めて依頼の方にヒアリングなどを行いました。
現地チームの皆さんは、家屋倒壊やゴミ屋敷などの中で捕獲作業を頑張ってくださいました。

2024/2/22

被災地での猫たちの様子

現地チームの皆さんで、被災地に取り残された猫たちにご飯をあげてくださったり、各ご家庭での飼育ご相談に対応してくださっています。
写真のように餌付けがされている猫たち・家猫たちは状態が良いようですが、やせ細った猫・病気の症状がある猫たちの報告もきており、
保護に向けて頑張っております。

2024/2/22

NHK NEWS おはよう日本

NHK NEWS おはよう日本にて生中継で、東京キャットガーディアンでお受け入れした被災地の猫の様子や、被災地支援の様子をご紹介いただきました。
被災地からの猫たちはシェルターでもだいぶくつろいだ様子を見せてくれるようになりました。

2024/2/21

被災地支援物資の追加お届けが完了しました。

現地チームより、無事に物資受取完了の連絡がありました。
現地拠点より、孤立集落で飼育されていた猫たちの置き餌として活用したり、被災した方々にお渡ししております。

2024/2/15

能登半島被災猫をお受け入れしました

東京キャットガーディアンシェルターにて能登半島被災猫をお受け入れしました
元の飼育者様が継続飼育困難になり、お受け入れとなった猫たちです。
こちらで里親さんを見つけることで、被災地のシェルターで新たな被災猫を保護することができます。

支援者の皆様から「被災動物のために」といただいたご寄付のもと、現地ボランティアさんによって病院につれていくことができました。
猫たちの状態は良好です!
引き続き、メンタル面・体調面に配慮し医療ケアを行っていきます。
体調等が落ち着き次第、順次里親募集を行います。

2024/2/14

飼育困難になった猫たちの保護が行われています

家屋が倒壊したりなど、飼育困難になった猫たちの保護が行われています。
※全て飼育者に意向確認をしながら保護しております。

個人情報に配慮のうえ、保護情報の一部をご報告いたします。

能登半島 猫 6頭(1組)
ご自宅が全壊
うち4頭は2/11深夜に緊急保護され、近隣のボランティアさんに搬送されています。
2/12に受診・2/13朝に入院措置となりました。

能登半島・猫 8頭(1組)

石川県 猫 11頭(1組)
飼育者の自宅一部損壊し、長期入院のため猫たちを手放すこととなりました。
ご自宅の鍵をお預かりしておりますので、現地のボランティアさんがシェルターへ搬送するまでお世話を行うこととなりました。

2024/2/09

依頼があり、捕獲作業を行いました。

住人の方から依頼があり、捕獲器を設置しました。
計6頭が被災していると情報あり。
現地へ確認に行き、全頭保護を決定。
(うち4頭は3月中に東京キャットガーディアンに受け入れ済です。)

2024/2/07

追加のご支援準備

キャットフードがかなり無くなってきたとの事で、追加を準備しています。
まだ奥能登地域には物資を必要としている方々がいます。
現地側でも物資が調達できるように調整を行っています。

2024/2/06

物資のお渡し

保管所から継続して物資のお渡しをしています。「警察犬のワンちゃんも一緒でした」というメッセージもいただきました。

2024/2/06

現地で保護された猫たち

被災地で保護された猫達が、次々と現地の室内に入れてもらっています。
この子達は里親さんを新たに募集する予定だそうです。

2024/2/06

石川テレビが運営するYouTube番組にてSOS窓口が紹介されました

石川テレビが運営するYouTube番組にてSOS窓口が紹介されました
動画の内容はこちらからご確認いただけます

2024/2/05

現地での行方不明猫たちの捕獲作業

現地チームより、地元で個人活動をされている方とお会いしたとお知らせがありました。
倒壊した家屋から避難された方より依頼のもと保護を行い、お会いしたときはすでに2頭を保護済みだったとのことです。

2024/2/05

下野新聞の3面記事に掲載されました

支援状況などが、下野新聞の3面記事に掲載されました
記事の内容はこちらからもご確認いただけます
栃木・源吉商店、餌やケージ避難所へ 「ペットは飼い主たちの希望」 全国からの寄付で能登半島地震支援  下野新聞「soon」ニュース

2024/1/30

株式会社とちぎテレビで放送されました

支援状況などが、とちぎテレビで放送されました

2024/1/29

支援物資移送・里親募集猫の受け取り

地元保護団体の方の、支援物資移送や里親募集猫の受け取りの様子です
・のと里山海道からの景色(途中、倒壊家屋あり)
・珠洲市飯田町/支援物資届け先にて
支援物資荷下し、猫3匹受取(里親募集依頼)

2024/1/28

奥能登へお届け

朝早くから現地「能登チーム」が七尾市を出発して…輪島市~穴水町等を回り、SOS窓口に依頼して来た方や避難所などへ、まとめた量の物資をお届けして下さいました。

現地スタッフの方が、「こうして活動できる事は本当に嬉しいです。こちらこそありがとうございました」とおっしゃってくださいました。
「みなさまからお預かりした品物は絶対に最後まできちんと活かします」それが能登チームの精神です。

2024/1/27

保護猫の一時保護場所

一般社団法人OVO様の一時保護場所をお伺いし、飼い主のいない保護猫お引き受けの話を進めていきました。

2024/1/25

輪島市へお届け準備

SOS窓口にご依頼が多い「輪島市」へ、ある程度まとめた量を今週末にお届けする準備をしています。

2024/1/23

金沢市のいしかわ総合スポーツセンターへお水のお届けを行いました

県のご担当者様よりご相談をいただき、現地スタッフの方々の連携で各拠点から集め、お届け致しました。
朝早くから雪が舞う中を、現地スタッフの皆様、ありがとうございます!

2024/1/21

能登半島地震で被災した動物たちを救うために私たちが今できること – DIME

DIME様に記事にしていただきました。
能登半島地震で被災した動物たちを救うために私たちが今できること

2024/1/21

物資の運搬状況

朝早くから、現地スタッフの方々が輪島市までペット用支援物資のお届けに行って下さいました。

2024/1/20

物資の運搬状況

ペット用支援物資SOS窓口に依頼が連日届いており、現地では「能登チーム」が直接依頼者と連絡を取り合いながらお届け等に奔走しています。
まだ県外からの災害ボランティアの受入をしていないため「能登チーム」のみなさまも被災された方々による編成です。
各所に協力を呼びかけております。

2024/1/18

七尾市へお届け

本日の最終目的地七尾市に到着。荷降ろしが無事完了です。
能登チームのみなさま本当にありがとうございました。
全国から支援物資をお送り頂きました方々…企業のみなさま、本当にありがとうございました。

ご自身の家が倒壊しているにも関わらず、動物用支援物資の置き場所をご提供いただいた方もいらっしゃいます。

各企業様からの物資も、どのお届け場所でも大変喜んでいただけました

これからの復興に向けて、引き続きみなさまのお力添えをよろしくお願い致します。

2024/1/18

志賀町へお届け

第2箇所目の志賀町にお届け完了しました。

2024/1/18

石川県金沢市へお届け

1箇所目の石川県金沢市にある、県の施設にお届け完了しました。

2024/1/18 7:28

搬入の開始

第2便のお届けを開始致します

2024/1/17 22:37

運搬準備作業

明日18日、みなさまからお送り頂きました「ペット用支援物資」第2便目のお届けに行って参ります。
この便で全国から届いた品物は100%現地にお届けする事になります。

2024/1/17

ワールドプレミアム株式会社様からご支援物資が届きました

ワールドプレミアム株式会社様より支援物資として「HAPPY DOG」を頂きました。
「株式会社スリーアローズ様」からお話しを聞いて連絡を下さったとのことです。
ありがとうございます。明日必ずお届けいたします。

2024/1/17

大王製紙株式会社様からご支援物資が届きました

大王製紙株式会社様から支援物資品として、猫砂・ペットシーツを各100ケース以上が届きました!
大切にお届け致します

2024/1/16

被災動物の一時預かり場所

みなさまのお力添えをいただき「ペット用支援物資」は第1便目を1月11日(木)約10トン分を現地に無事搬入完了し、第2便目を1月18日(木)にお届けする予定としております。

また同時進行してるのは「被災したペットたちの一時預かり場所」の確保です。
現在いくつかの物件と調整中です

2024/1/16

ペット用支援物資SOS窓口の開設

LINEアカウントが開設されました。

注意事項をよくお読みのうえ支援を希望される場合は
twitterの @genkichisyouten 宛てにDMをお送り下さい。窓口のURLをお伝えします。
—————————————–
▼支援対象地域:原則として奥能登2市2町
▼支援対象動物:原則として犬・猫
⚠️上記以外についてはご相談ください⚠️
—————————————–

支援する物資には限りがあります。現地の配達スタッフ自身も被災しながらボランティアとして活動してくれています。みなさん仕事や家庭を抱えながら作業しています。

ご連絡が遅くなることもあるかもしれませんが、必要とされている方々が必要な物資を確実に受け取れるよう、みなさまのご配慮・ご協力をお願いいたします。

2024/1/16

株式会社ケーワン様からご支援をいただきました

株式会社ケーワン様がペット用支援物資としてケージやキャリーケースを大量に持参して下さいました。
第2便に乗せてお届け予定です。

2024/1/15

ペット用支援物資第2便 仕分け

ペット用支援物資、第2便目の仕分け等、準備しています。
リッチェル様からはキャリーケース等の支援品をお送りいただきました。今回も責任を持ってお届け致します

2024/1/15

ねこ好き獣医いとぅー先生からご支援が届きました

ねこ好き獣医いとぅー先生から沢山のご支援が届きました。
視聴者の方からもご協力のお申し出をいただき、大変助かっております

2024/1/14

石川 NEWS WEB様の記事になりました

みなさまからお預かりした「ペット用支援物資」の搬入様子です。
七尾市の方でご自身も被災され、今も自宅に戻れない立場でありながらも、快く支援品を置く場所をご提供いただきました。
第二便のお届けも調整中です。
被災したペットの支援物資 七尾市に到着 – 石川 NEWS WEB

2024/1/11

被災動物たちにいち早く注目~県と調整 1月11日(木)に物資を届ける~

支援お届けの様子を、ふらっとろーかる様に記事にしていただきました

2024/1/11

輪島市の避難所等へ運搬

本日七尾市に届けたペットフードを地元の方々の協力で甚大な被害が出てる輪島市の避難所等に早速届けて下さいました。
「本当にありがとうございました」とペット用の支援物資が届いた事を泣いて喜ばれてました…との事です。
みなさまからの支援物資はしっかりと活きてます。

届けて下さった方からのメッセージをそのままお伝えします↓↓↓

「こちらこそ本当にありがとうございました。孤立しているところには自衛隊の方が運んでくださったり、ドローンで運んでいてすごかったです。皆さん頑張ってらっしゃって。

明日からもまたがんばります☺️

半年ぶりに会う友達の無事の顔もみれて涙とまりませんでした」


2024/1/11

内灘町拠点場所に荷降ろし

今回の第1便目の支援物資搬入はこれにていったん完了です。
みなさまからお送り頂きましたお品物と、ペティオ様・スリーアローズ様・GEX様からお預かりした物資を滞りなくお届けさせて頂きました。
また、現地にてご自身も被災されているにも関わらずたくさんの方々にご協力頂きましたこと深く感謝致します。
現地配布等につきましては、ただいま調整しております。

2024/1/11

現地へお届け 七尾市、志賀町

七尾市、志賀町に荷降ろし完了しました。

2024/1/9

仕分けや梱包を行い、第一便を1月11日(木)に現地へ搬入することが決定しました

源吉商店に大量の物資が届いており、現地受け入れ先との調整等もあり、一般からの物資受け入れを一時停止いたしました。
支援金については継続して募集しております。必要物資の購入・お届け・被災動物のために活用させていただきます。
スタッドレスタイヤに交換し、現地へ向かいます

2024/1/8

ねこ好き獣医いとぅー先生と視聴者様からご支援

ねこ好き獣医いとぅー先生というYouTubeチャンネルを運営する獣医師の先生から「先日のライブ配信で集まったスパチャの代金でフード等を手配して送りますね」と連絡がありました。
いとぅー先生、スパチャを投げて下さった方々本当にありがとうございます!

2024/1/7

大量の物資到着

ヤマト運輸さんから「トラックに積切れない荷物の量が来てます」と連絡をいただき、センターまでお伺いしお受け取り致しました。

千葉県で保護活動されてるワンコのさとten様が、たくさんの支援物資をかき集めて運んで来てくださいました。
そのまま全国から集まった別の支援物資の仕分け作業などを手伝ってくださいました。

2024/1/6

第一便 運搬の予定

第1便として約10トン分のペットフード・用品類を1月11日(木)に搬入する見込みになりました

2024/1/5

全国からのご支援が集まり始めました

朝早くから、ペットフードメーカー様や個人の方々、全国の皆さんより、被災動物たちのためのご支援が次々と届き始めました。 現地の交通状況などを鑑みて、一旦 源吉商店にて受け取り・荷造りを行ってからの運搬を予定しています。

2024/1/4

「被災者のペット預かります!」里親募集サイトが、地震で「預けたい」「預かる」マッチングを開始「緊急事態だからこそ、支援したい」(まいどなニュース)

まいどなニュースで「いつでも里親募集中」の動きについて記事にしていただき、Yahooニュースにも取り上げられました。

2024/1/3

源吉商店通販部 被災動物の預かり飼育をして下さる方へ無料開放

源吉商店通販部では保護活動を行っている皆様へ、平素より支援価格でのご提供を行っております

2024/1/3

被災地への支援物資の受付開始

東京キャットガーディアン、源吉商店いつでも里親募集中で呼びかけ

2024/1/116:10

令和6年能登半島地震 発生

東京キャットガーディアンから各所と連携をとり、いつでも里親募集中での対応や、支援募集について決定いたしました。