ねこのゆめ〜成猫のお引取りと再譲渡事業〜

一緒に暮らそう、出来るだけ長く
それがかなわなくなっても、あなたが生きて行けるようにしておこう

東京キャットガーディアンは、愛情と責任感ある飼い主さんの「ギリギリまで一緒に居たい」「この子の行く先を考えておく」を両立させる1つの方法として『ねこのゆめ』積み立て企画を提案します。

愛情があっても、飼育が困難になる可能性があります。
長い人生の中で予期せぬ出来事が起こった場合に、弱いものを守れるよう作られたシステムです。
1日コーヒー1杯分のお金で、猫のために備えることができます。

成猫の里親さん探しでお困りの方、愛猫の引き取り先・預け先にお悩みの方、老猫ホームをご検討中の方からもご相談いただいております。

→『ねこのゆめ』開始のきっかけになった出来事

毎月講座を開催しています。
猫と人の終活勉強会 ※「ねこのゆめ~成猫のお引き取りと再譲渡事業~」の説明あり

ねこのゆめのシステム

両親の飼っていた猫の里親を探していますが、中々見つからないため、頼みたい。


事故にあって、世話ができなくなってしまった。
家族に喘息の者がおり、猫を任せることができない。


捨て猫を地域猫として面倒を見ていたけど、とても人に懐いています。
この子には暖かい家と優しい家族のもとで他の生き方をさせてあげたいです。


急逝した家族の飼い猫を大切にしたいが、自分は出張が多く猫を見てやることができない。この子を大事にしてくれる人の元へ行ってほしい。


ケアマネージャーです。
担当する高齢者の方が、飼育が困難になってしまいましたので、いろいろ調べた結果、こちらを紹介しました。


いつまでも健康でいられる保証はないので、今20代ですが、申し込んでおきたい。

「ねこのゆめ」をご利用になられる際に
「まさか自分がこんな事態になるとは」「もっと早く『ねこのゆめ』を知っていたら」
という方ばかりです。もしもの時に備えて、お若い方にもお申し込みいただくことをおすすめしています。



毎月3,800円(税別)の積立金をお預かりして、6年間で満期になります。
(273,600円(税別) /1頭につき)

(お引き受け時に健康等に問題がなく、譲渡の見込みの高い3歳以下であれば
団体の判断で、163,000円(税別)でお受けさせて頂く場合がございます)

お預かり金ですので、途中解約や満期後の解約も出来ます。
お預り金は、お引き受けした後に猫の飼育費として使われます。

伴侶猫の年齢や健康状態にかかわりなく、満期後はいつでも必要な時にお引き受けします。
譲渡対象になれそうなら再度お家探しを、そうでない場合はケアをしながらの終生飼育をお約束します。

※尚、中途解約に際してはお預かり金を契約時のご指定口の座に返金致します。
(返金の際の振込手数料は契約者様負担です。)
振替期間が2年未満の場合3,000円、それ以上の場合は6,000円の事務手数料を申し受けます。



ご契約者様へ「ねこのゆめカード」をお送りしております。
常に持ち歩いていただくことで、急遽必要となった場合にも猫の行き先があることを表明できます。


検討をご希望の方は、詳細をメールでお送り致します。
ねこのゆめお問い合わせ・お申し込みフォームからご連絡ください。

→「ねこのゆめ」よくある質問

再譲渡が難しい猫の場合(病気・高齢など)

再譲渡が難しい高齢猫や、エイズキャリアなどの猫の場合、東京キャットガーディアンが終生飼育をお約束します。
各地のシェルターとは別に、猫のホスピスとして利用できる場所をご用意しています。


TOP